Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

乳がん検診で再検査が出てから40歳以降も超音波検査を受けてます。

乳がん検診

突然ですが女性の皆さんは【乳がん検診】を受けていますか?先日お亡くなりになりました小林麻央さんも乳がんでしたね…。まだ34歳なのにあまりにも早すぎて、海老蔵さんの記者会見を見ても泣けてしまいました。

若い女性は進行も早いですから検診は受けましょう。私は4年前に市町村が実施している2年に1度のがん検診で【再検査が見つかりました。

その時は病院で再検査をしたのですが、幸いにも【異常なし】でした。それ以降、毎年自費で超音波検査(エコー検査)に行っています。

猫のトラ
再検査って文字を見るだけで怖いね。
お母ちゃん
うん。私も異常なしだったから良かったけど、再検査を受けるまで食欲無かったよ…。

本日は乳がん検診での再検査内容など私の体験談を含めてお話していこうと思います。

スポンサーリンク

乳がん検診には2種類あります。

乳がん検診には一般的に40歳を境に2種類に分かれます。40歳までは【超音波検査(エコー検査)】40歳以上は【マンモグラフィ検査】です。検診は2年に1度が適切なようです。私が受けた市の乳がん検診の案内も2年に1度案内が送られてきました。

ちなみに私は現在41歳ですがマンモグラフィ検査は1度も受けていません。これにはワケがあるので詳細はまたのちほど…。

ちなみに超音波検査(エコー検査)とは以下のようなものになります。

…エコー検査は、乳房に超音波をあて、はね返ってくる反射波を画像化した検査です。乳房表面にゼリーを塗って、その上からプローブと呼ばれる機械をあてて乳房内部を写します。

マンモグラフィのように微細なしこりや石灰化を写すことには適していませんが、乳房の内部の構造を観察しながら、触診では検出できない小さな病変を見つけることができます。※一部抜粋※

参照元:医知恵 乳がん様より

もうひとつのマンモグラフィ検査とは次のものです。

…マンモグラフィは、乳房専用のレントゲン検査をいいます。乳房を挟みながら圧迫して薄くのばし、上下、左右(内外)方向から1枚ずつ撮影します。小さいしこりや、しこりになる前の石灰化を映し出すことができるため、乳癌の早期発見に威力を発揮します。

ただし、乳腺組織が密な若い女性では、X線の画像が白くかすんでしまい、しこりをみつけにくいことがあります。※一部抜粋※

参照元:医知恵 乳がん様より

当時はまだ30代だったので超音波検査(エコー検査)を受けました。2回目の乳がん検診だったのですが初めて【再検査】の通知が届きました。

その時の検診したお医者さんは「ん〜。一応再検査して貰おうか?」というかなり曖昧な検診だったので「え〜!?」という腑に落ちない【再検査】でした。まぁ、念には念を入れて…という気持ちだったのでしょう。

乳がん検診の超音波検査(エコー検査)とはどんな事をするの?

だいたいは個室かカーテンで間仕切りされているような小さな部屋に通されます。そこで上半身だけ脱いでベッドで仰向けになるだけです。

私が通っている病院は『タオルを持参してください』と言われているので、そのタオルを胸に乗せて「用意できました」と言うと、毎回女性の検査技師さんが来てくれます。

温かいゼリーのような物を塗りつつ、グリグリと器具を押し当てながら検査してくれます。痛みはないです。

胸や脇、首のリンパ周辺などを丹念にグリグリ…。検査技師さんはモニター画面も見ながらチェックしていました。時間は両胸で20分ぐらいだったような。途中で寝てた気がします。

猫のトラ
神経が図太いわね…。
お母ちゃん
薄暗い部屋でベッドで仰向けになれば眠くなるわよ。

終わるとキッチンペーパーのような紙で胸のゼリーを拭ってくれました。それから自前のタオルで拭き取って終了。通常、エコー検査の結果は1週間〜10日ほど掛かるようです。その後、改めて医師の問診・触診があります。

私は遠方から通っているので無理を言って、この工程を1日で済ませて貰っています。病院側には無茶をさせてすみません…。

乳がん検診の問診・触診って恥ずかしい?

きっと女性の多くが抱える難問ですよね。『エコーの次の触診ってなによ…』って。私も思いました。触るんだよな…胸に?

だったら絶対に女医さんがイイ!!そう思いました。ですが…

女医さんは人気すぎて予約すら取れる状況じゃありませんでした。誰もが思うんですね。予約を入れようとしたら、そのクリニックは数ヶ月先まで埋まっていました。

なので諦めました。こっちは【再検査】の通知を受けて白黒つけたい気持ちが山盛りです。

お母ちゃん
もう女医さんで無くてイイや!おっちゃんで構わないよ!

…そんな勢いで予約して通っているのが現在の病院です。今となればお医者さんに対して恥ずかしいと思う感情も消えました。おっちゃんも飽きる程の胸を見てるでしょうし。

触診と言っても『グリグリ…グリグリ…』という、胸に【しこり】が無いか確認する診察です。脇の下や喉のリンパ節なども確認してくれますが、私の病院では女性の看護師さんがピッタリと隣にいます。たぶん、お互いにいろいろな誤解が生じないためなんでしょうね。

問診も「この1年で変わった体の変化は?」「胸のしこりや張りや違和感は?」などで、特に男性医師だから言い辛いことは無かったです。

エコー検査で撮った画像を先生と見ながら、あれこれ丁寧に教えてくれました。【再検査】と言われた結果も出ました。

40歳以降はマンモグラフィだけでは無く超音波検査(エコー検査)が合ってる人もいる。

超音波検査(エコー検査)で詳しく見て貰った結果、先生から出た言葉は。

「異常に見えたのは、ただの乳腺だね」

その言葉にホッとしました。どうやら私の胸は乳腺密度が濃くて検査で引っ掛かってしまったようです。

そう言えば初めての乳がん検診の時も、超音波検査を見た先生に「いくつも黒い影あるでしょ?これ全部空洞だね。若い人はあるんだよ」と言われて30後半で、はしゃいでいたのを思い出しました。

その【空洞】というのがエコーの画像を見ると黒い影でした。たぶん私にはそれが【再検査】になったと思われます。

私は40歳以降も乳がん検診は超音波検査(エコー検査)を受けることに。マンモグラフィは受けていません。

よく周りで耳にするのが【40歳まではエコー。40代以降はマンモ】という言葉です。私が検診で引っ掛かったのは37歳です。エコー検査でした。

「おぉ~本当なんだな」と当時感心しつつも「マンモグラフィって胸を挟んで痛いって噂じゃん…40歳になったら嫌だな」と思っていました。

そして現在41歳です。本来ならばマンモグラフィ検査を受ける年齢ですが、乳腺外科の先生の指導で現在も年に1回【超音波検査(エコー検査)】だけを受けています。

私が超音波検査(エコー検査)をしている理由
  1. 乳腺密度が濃すぎてマンモグラフィを受けても画像が白くて見えない。
  2. 毎年、同じ病院で【超音波検診(エコー検診)】を受けた方が画像を比較できる。

本当は地元の病院で受けたいのですが、またエコーの画像が変わって、ややこしくなるのも面倒なので片道1時間半かけて年に1回通っています。

2番の画像は毎年同じ病院のエコー画像で比べているので、誤差が少ないそうです。病院が変わってしまうと、検査技師さんの技量で少しでも誤差が出てしまう可能性があります。

そうなると「異変なのかな?」と、また詳しく検査をやり直すことに…。このへんは各自の判断になりますが、近くの病院を紹介してもらうのも有りですし、通い慣れた病院で検査を続けるのも有りだと思っています。

私は年に1度のリフレッシュ紀行を楽しむべく通い慣れた病院を選択しています。

早期乳ガン発見を目指すなら超音波検査とマンモグラフィの両方の活用が理想?自分に合った適切な検査を!

40歳という区切りの年齢となると超音波とマンモの両方を受けた方が良い…という選択肢があります。私もそう思って乳腺外科の先生に相談しました。

ですが『今の状況を見ながらで良いのでは…』という判断を頂きました。まぁ、私の場合はマンモを受けても痛いだけで、画像も白くて見えなさそうですからね。

きっと、ひとりひとりの胸のタイプによって【エコー】なのか【マンモグラフィ】で検査した方が良いのか変わってくる筈です。

なので一概に『40歳以上はマンモ!』と決めつけてしまっては適切ながん検診が行われているのか疑問に思えます。

だからって『両方やれば間違いない』って事で、マンモグラフィ検査をして放射線を必要以上にバシバシ浴びるのも、発がん性を生みそうでどうなのかな?難しい問題です…。

本日の雑学のまとめ

では本日の【乳がん検診で再検査が出てから40歳以降も超音波検査を受けてます。】についてのまとめです。

  • 2年に一度は乳がん検診を受けましょう。
  • 若い方は超音波検査(エコー検査)でOK!
  • エコー検査は痛くない。
  • 40歳以上でも乳腺密度が高い方はマンモグラフィ検査じゃ白くて見えない!
  • 乳腺密度が高い人は超音波検査(エコー検査)を受けましょう。

市町村から乳がん検診の案内が来ていたら行くようにしましょう。市町村によって金額は違いますが500円〜1,200円前後です。ちなみに私の市では700円でした。

エコー検査とマンモグラフィ検査によって金額に差がある市町村もあります。自費の検査で行くことになると、もっと費用が嵩みますからね。

検診率の悪いがん検診ですが、はじめが肝心です。まずは第一歩を踏み出しましょう。

ランキング参加中です。よろしければポチっと。
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーリンク

シェアして貰えると励みになります♪

フォローする

オススメの関連記事(一部広告含む)