足首の捻挫で腫れた時にどうやって治す?冷やすか温めるか迷った時の正しい処置法

足首の捻挫

お母ちゃん
突然ですが、満開の桜を眺めながら犬の散歩していたら派手に転んで捻挫しました。
猫のトラ
すこぶるダサいわね。
お母ちゃん
そんな捻挫の処置法をここに記しておこうと思います。
スポンサーリンク

腫れている患部を固定してしっかり冷やす!

伸縮性のあるテーピングや包帯で少しキツい程度に患部を巻いてください。あまりギュウギュウにキツく巻くと血流が低下して逆効果になるので要注意です。

巻き方は下記の動画を参考にしてください。

お母ちゃん
動画のようなテープが無い時は絆創膏でもイイと思うわ。
猫のクマ
お母ちゃんみたいに、いつ捻挫になるか分からないもんね。

腫れている場合は…

氷水などで患部を充分に冷やしてください。

約10分程度です。あまりも長時間ですと血流が悪くなるので止めてください。

私はテープも大きい絆創膏も無かったので、冷たい湿布を貼りました。湿布の箱に1日1、2回交換するだけで良いと書いてあったので従ったら3日目に腫れがひきました。

痛みや腫れがひいたら…

今度は温めて血行促進させてください。

そうする事で完治が早くなります。捻挫は【冷やす→温める】の順番ですね。

捻挫は長期戦!焦らず気長に無理せずに!

捻挫は無理をせず時間に身を預けるしか無いです。

ズキズキと痛む時はテーピングをグルグルと巻きましょう。どうしても痛みが強い時は病院へ直行です。

腫れが引いても無理は禁物です!まだ完治していません。この状態でまだ2~3割の良好です。少しずつ動ける状態で無理せず行動範囲を広げましょう。

元の状態に戻せるまでは時間がかかります。焦ったり普段の動きをしてぶり返しては元も子もありませんから、暫くは捻挫した箇所を動かさないように…。

3日程度は湿布で冷やして様子を見ながら、腫れが引いたら温めたりして1週間は安静に過ごしてください。

腫れが引いても走ったり、普段と同じような行動は当分は控えましょう。

捻挫だと思っていたら違う怪我!?

「思い込んでいたけど筋を痛めていた…」あるいは「治らないと思っていたら骨折だった…」なんて事があるかも知れません。

そうならない為にも病院へ受診するのもおススメします。

受診するのはお近くの整形外科で構わないです。詳しい経過と自己流の治療も伝えましょう。

運動不足には食事も気をつけましょう。

捻挫になると運動不足になりので低カロリーのものを中心に摂取するように心掛けましょう。

また、靭帯の回復にはタンパク質やビタミンA・Cが効果的と言われています。以下にポイントを集めました。

靭帯回復には…
  1. 運動不足になるから低カロリーを中心に!
  2. 靭帯回復にはタンパク質やビタミンA・Cが大事!
    豆腐や納豆・鶏肉・野菜などをなるべく多く食べるようにしましょう。
  3. エネルギー補給の為に炭水化物を適度に食べましょう。
  4. たっぷり睡眠をとって休みましょう!

このように食事にも気をつけながら、ゆっくりと体も休めることが捻挫の回復への近道なのかも知れませんね。

本日の雑学のまとめ

  • 腫れていたら固定して冷やす!
  • 腫れがひいたら温める。
  • 長期戦は覚悟して無理はしない!
  • 食べ物や睡眠にも気をつける。
  • あまりにも治らない時は整形外科を受診する。

以上の4項目になります。まずは捻挫は気長に治療することをおススメします。

猫のクマ
お母ちゃんは転んだり躓いてばかりで危ないけどな。
お母ちゃん
そのうち捻挫マスターになるわよ。
猫のトラ
何の自慢にもならないわね…。

ランキング参加中です。よろしければポチっと。
にほんブログ村 猫ブログへ

スポンサーリンク

シェアして貰えると励みになります♪

フォローする

オススメの関連記事(一部広告含む)