スポンサーリンク

ピエール瀧出演の麻雀放浪記2020の内容(あらすじ)は?キャスト(出演者)と原作も!

スポンサーリンク

麻雀放浪記2020

こんにちは。ピエール瀧さんが逮捕されていろんなところに影響が出てザワついている私です。この斎藤工さんもサンシャイン池崎っぽくて『ガキの使い』の影響なんでしょうか?

ピエール瀧が出演していた『麻雀放浪記2020』は予定どおり公開される見通しのようです。

2019年4月5日公開ですからね。

お母ちゃん
お母ちゃん

もう時間がないから編集するかお蔵入りかどっちかだよね。

猫のトラ
猫のトラ

このご時世で「自粛だ回収だ撮り直しだー!」…って中でよく公開を決めたね。

そんな気になる映画『麻雀放浪記2020』の内容やキャストを今日は調べてみます。主演は斎藤工さんなんですけど、ピエール瀧さんのビジュアルがキツイわぁ〜。

スポンサーリンク

ピエール瀧出演の麻雀放浪記2020の内容(あらすじ)とは?

映画『麻雀放浪記2020』特報(ロングver.)

突然ですが、1945年の《戦後》から【東京■リン■■■】が中止となった2020年の新たな《戦後》へ“奴”はやってきた。その男の眼に映るのは、彼の知る戦後とは別の意味で壊れたニッポンの姿。

少子高齢化に伴う人口減少、マイナンバーによる過剰な管理社会、AI導入がもたらした労働環境破壊、共謀罪による言論統制・・・国が掲げる、輝かしい明日は何処へ消えてしまったの?

この一見絵空事のような未来に現れた“奴”の名は——————“坊や哲”(ボーヤテツ)!
二十歳で童貞なんていう若干無理な設定なんだけど、幾多の激戦を制してきた若き天才ギャンブラーが次に戦うのは、私たちの生きるこの世界、未来の日本だったのだ!

引用元 映画『麻雀放浪記2020』公式サイト

ちょっとややこしいので、ザックリ簡単にまとめると…

“坊や哲”は、1945年の【戦後】から、新たな戦争が起こった後の2020年の【戦後】に突然現れた!その世界は、”新たな”戦争直後。東京オリンピックは中止、高齢化社会による人口減少、マイナンバーがチップになり身体に埋め込まれる管理社会、そしてAIによる労働環境破壊…。”坊や哲”は、麻雀を武器に<世界>と戦う!

…という、かなり弾けた設定の映画になっています。

猫のクマ
猫のクマ

もう、ピエール瀧が逮捕されようが、恐れを知らない感じがするね。

麻雀放浪記2020のキャスト(出演者)と監督は誰?


ピエール瀧さんのバーコード頭が冴えてますね。彼の役が非常に重要らしいので、カットも撮り直しも不可能で上映が決まったそうです。

元五輪組織委員会会長 杜って…森喜朗…いやいや、黙っておきましょう。

出演:斎藤工

主人公“坊や哲”を演じる斎藤工さん自らが企画した作品です。構想10年の歳月をかけ、猛烈な熱量でこのプロジェクトを発信。

他の出演されているキャストはコチラです。

  • もも(チャラン・ポ・ランタン)・ ベッキー・的場浩司・岡崎体育
  • ピエール瀧・音尾琢真・村杉蝉之介
  • 伊武雅刀・矢島健一・吉澤 健・堀内正美・小松政夫
  • 竹中直人ほか

なかなかの個性派揃いのキャスティングですね。岡崎体育さんは朝ドラ『まんぷく』で米兵役で登場しましたが、ミュージシャンとは思えないほど味のある演技してましたね。

大事なピエール瀧が演じている設定ですが…

瀧容疑者は同作で、戦争によって東京五輪が中止になった2020年の五輪組織委員会の元会長を演じている。主人公の坊や哲が生きる昭和の戦後と2020年の戦後を結ぶ重要な役どころだ。

お母ちゃん
お母ちゃん

キーパーソンじゃん!そりゃあカットできないでしょ!

こうなったら公開するのが賢明なのかも知れませんね。

監督:白石和彌(代表作『孤狼の血』・『凶悪』)


監督はアカデミー賞で監督賞を受賞された白石和彌監督です。『凶悪』も好評でしたからね。

  • 白石 和彌プロフィール
  • 監督/脚本家
  • 主な作品:『凶悪』(2013年)、『日本で一番悪い奴ら』(2016年)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)、『止められるか、俺たちを』(2018年)『孤狼の血』(2018年)
猫のトラ
猫のトラ

『凶悪』にもピエール瀧が出てたね…。


改めて見ると、かなり切ないシーンになっちゃいますね。

麻雀放浪記2020の原案と脚本は誰?

麻雀放浪記2020は昭和の大傑作「麻雀放浪記」が原案です。250万部を超える大ベストセラーとなっています。

原案:『麻雀放浪記』阿佐田哲也(文春文庫刊)

同原作は和田誠監督によって真田広之、大竹しのぶ主演で映画化もされています。

今回は2020年を舞台にどのようなストーリー展開になるのでしょうか?

脚本:佐藤佐吉・渡部亮平・白石和彌

  • 佐藤佐吉プロフィール
  • 監督/脚本家/俳優。
  • 主な監督作:東京ゾンビ、シリーズ江戸川乱歩、シリーズ横溝正史、東京闇虫等
  • 脚本:殺し屋1 ichi the killer、牛頭、オーマイキー等
  • 出演:Kill Bill、盗まれた顔、他多数。最新監督作『お勢登場』(満島ひかり、宮藤官九郎)
  • 脚本作4/5公開『麻雀放浪記2020』(斎藤工)

脚本を共同で書かれている佐藤佐吉さんは俳優もされているんですね。

 

  • 渡部亮平プロフィール
  • 監督/脚本家
  • かしこい狗は、吠えずに笑う(2012年) – 監督・脚本・製作・編集
  • 3月のライオン(2017年) – 脚本
  • ビブリア古書堂の事件手帖 (2018年) – 脚本
  • 麻雀放浪記2020(2019年)- 脚本

3人共同で書かれている脚本なので、かなりしっかりとした作品になっているのではないのでしょうか。

麻雀放浪記2020の主題歌と音楽は誰が担当?

主題歌:CHAI「Feel the BEAT」(Sony Music Entertainment (Japan) Inc.)

主題歌を担当した『CHAI』は4人組ガールズバンドで『NEOかわいい』をコンセプトに活動しています。

お母ちゃん
お母ちゃん

4人のうち双子がいるので見分けがつかない…。

今回の映画主題歌は白石監督の提案により起用されました。グローバルな活動と限りなく広がる世界観に一目惚れしたそうです。

Feel the BEATを収録した『PUNK』は2月13日に発売されています。

調べたらmusic.jpでも『Feel the BEAT』がダウンロードできます!

登録時にもらえる961円分のポイントで無料ダウンロードできます♪

 

音楽:牛尾憲輔

電気グルーヴのサポートメンバーであり、agraphとしても活躍する電子音楽家・牛尾憲輔のサウンドが近未来の戦後日本を抒情的に惹き立てます!

引用元 麻雀放浪記2020公式サイト

牛尾憲輔は電気グルーヴのサポートメンバーさん…。ピエール瀧が逮捕されて複雑な心境でしょうね。映画のオリジナル・サントラトラックも発売されます。

 

かなり突拍子も無い感じの内容となっておりますが、ピエール瀧が逮捕されてしまったのも含めて全て映画に飲み込まれてしまう雰囲気になっています。

なので、この映画に関してはカットや撮り直しなしでOKなのかな〜なんて思える作風に感じました。実際は映画館でお楽しみください!

詳しい劇場情報はコチラの『麻雀放浪記2020』東映上映劇場案内でお確かめください。

お母ちゃん
お母ちゃん

ちなみにウチの田舎では上映しないです。

猫のクマ
猫のクマ

なのに調べたのかよ!